<   2005年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

子どもの宿題

夏休みです。

家の子どもに宿題が出ました。
下の息子に課せられた宿題が、例年に比べて(特に、上の娘が同学年のころと比べて)大分ヘビーな模様。

今日が夏休みの初日だったようですが、宿題のとっかかりで
「もうできない」
と泣いて寝ちゃったようです。

とりあえず、大量な計算問題が出ているようですね。
まあ、足し算引き算の計算問題ですけども、これが、出題用紙に書いてある問題をノートに問題ごと書き写して答えを書くというやつらしいです。

こんなの、自分が小学生の時は当たり前のようなものでした。

で、カミさんが見かねて、問題用紙をコピーしてノートに貼り付けて、問題を書き写す必要がないように、楽にしてあげたらしいのですが、「問題を書き写すことそのものも、宿題のうちなのでは?」と指摘したら大喧嘩になってしまいました。(笑)

だいたい、社会に出て仕事をし始めたら「なんでこんな不毛なことを」とか「どうしてこんなことをしなきゃいけないのか」なんて疑問を持ちながらも「やれ」と言われたらやらなきゃいけない、という仕事をしなければならないことなんて腐るほどあります。

さらに、そういう仕事をできるかできないかで、結局は給与や昇格に響くという現実も厳然としてあるわけです。ある意味「なぜやらなきゃいけないか、をいくら説明しても、やらされる本人にはその意味がわかって、理由を受け止められるだけの素地が無い」と、やらせるほうが判断するわけです。

そういうときの我慢強さとか忍耐力を養うのは、カミさんとは意見を異にするところだけれども、
まだ小学生で「できなくても許される」今をおいて他に無く、社会人になってからそういう現実にブチあたって耐えられない人間は生きていけない、少なくとも生きていける領域が狭くなるのではないかという思いもあるわけです。

そうそう楽ばっかり、面白いことばっかりで生きていけるわけがないじゃないですか。

だから、そういう、コピーして楽するとかじゃなくて、もっと他のカタチで宿題をするように仕向けることが大事なんじゃないですかね?

カミさんのやり口は、壁にぶち当たったらまず逃げる方法を考えることであり、また、それを、本人がどう逆立ちしても思いつかないのに、天の声・神の助けのごとく「逃げ方を知っている」親が手助けすることに外ならず、それをあえて積極的にやるカミさんのやり方が気に入らないのでした。だいたいそんなに都合よく神様が助けてくれるわけがないのです!!!

壁にあたったら、当たれよ、と。当たったら乗り越える方法を考えろ! と思うわけですね。乗り越える方法が分からなかったら、地味によじ登るしかなくて、よじ登ろうともしないやつが乗り越えられるわけがないのです!!!(魂の叫び)

私から見ても乗り越えられるわけが無い、というなら考えないでもないですが、設問自体は簡単で、要するに「問題量が多すぎる」ということらしいですが、それこそ「どこまでできるか」という、生徒にとっては先生からの挑戦なわけです。

だいたい「問題が多すぎる」と判断した基準は何なのか?とカミさんに聞いても、それは学年の違う上の娘との相対比較でしかなく、同じ教育要領で同じ教師がついているというわけではない下の息子の宿題量とは、簡単には比較できないのではないか、と思うわけです。宿題を出した先生の考え方だって違うだろうし、それほど「先生の出した宿題が多すぎる」と息子の教師を疑うなら、じゃあお前が息子の教師をやれよ、ということになる。


非常に量の多い「単純計算問題」を、書き写しを含めて、夏休みに全部やり遂げたとして、それは必ず、やった人間の血となり肉となるのではないかと思うわけです。そういう意味では、息子は良い先生にあたったのかもしれないと思えないでしょうか?

また、そういうことを失敗したり、できなかったりしても、給料や生死には関わらない、小学生とかのうちに、しこたまやらせるべきなんじゃないかと思うのですが、これがカミさんとは感覚が違うらしい。

自分としてはこの考え方は譲れない。苦労は今のうちにしといた方がいい。させてやる。俺の子として生まれたからには、そう簡単に楽はさせない。

大きくなってから、そういう若い時の苦労を知らないせいで可哀想な目に遭っている人をイヤというほど見てきたし、そういう馬鹿な上司に苦労させられただけに、痛恨事として「苦労知らずを世の中に出すことは、その本人も周りの人間も不幸である」というのは、いわばポリシーに近いものがあります。

だから、この件にかんしては、カミさんと和解するつもりはないし、とことんまで闘うのだ。(笑)

宿題なんだろ?
どんな宿題だ?
なんだ、できそうじゃないか。時間さえあれば。
一月半以上の休みがあって、なぜできないと初日で弱音を吐くんだ、バカモノ。
やれよ!!!!(笑)
[PR]
by xdev | 2005-07-22 02:52 | 身の回り

ひとつのおわり

最終回のタイムテーブル

~11:30  アムヘン、すい、いろのも、simple
~01:00  rhyme、うちだ、ただ、mica
1:00~02:30  おずあき、アムヘン、いろのも、mica
2:30~ rhyme、うちだ、ただ、すい

面白かったなあ。終わっちゃうんだよなあ。

。・゚・(ノД`)・゚・。 spill.jp
[PR]
by xdev | 2005-07-17 01:13 | misc

eyetoy を使ってみた

ウチには eyetoy があるわけですが、これが普通のUSBなのでマシンに接続してみました。
いろいろ情報を漁ったので忘れないように...

1.driver本体
ftp://ftp.dlink.com/Usb/dsbc310_revB/Drivers/dsbc310_winxp2k98se_driver_110.zip

2.inf ファイルをこっちから取ってきて上のやつに上書き
http://www.ionstorm.co.uk/files/sairuk/drivers/dsbc310_winxp2k98se_driver_110_Eyetoy_HACKED_SLEH-00030_INF_ONLY.zip

3.EYETOYを差し込みインストール

これでいいみたい。複合 USB デバイス、ということでカメラと音声両方とも avi ファイルに出力してくれる。

eyetoy の台座の裏側に "SCJH-1001 N" って書いてあるやつ限定、らしいですが。

eyetoy はUSBケーブルが重たいんで置き場に困りますね。

何かに使えるかな?
[PR]
by xdev | 2005-07-16 17:29 | misc

祭り

カミさんが、お祭りでお酒を配るそうだ。

「銘柄わかんないけど何がいい?」
って言うから
「発泡酒じゃなきゃ何でもいいんじゃないの?ヱビスとかラガークラシックとか?」

そしたら

「じゃあラガーと一番絞り?」

....分かってる上に自分で銘柄決めてんじゃん!!(;´Д`)

で、「一人2缶くらい?で持ってかえってもらえるかな」
って言うから
「箱で買って、好きに分け取りして持って帰れって感じじゃないの?」

そしたら

「一人2缶ずつ分けて持たせるに決まってるじゃん!!!ヽ(`Д´)ノ」

....それって結婚式の引き出物では?(;´Д`)

「祭りってのは大雑把でテキトーで、でもそれが楽しいのでは?」

そしたら

「ありえない!! そんな雑なこと絶対やだ!!!」

....そうやってお前は要らない苦労をして、後で愚痴るんじゃ (;´Д`)

で「じゃあまかせるよ」

そしたら

「そうやっていつも私ばっかりこういうことで悩むのよねっ!もう嫌い!ヽ(`Д´)ノ」

....もう、どうしろと?(;´Д`)

結論:祭りとは

 オレ  = 大雑把で雑でテキトーで、でもそれを楽しむもの
        似合うのは「ワッショイ!」

 カミさん= 厳粛で荘厳でキッチリしているもの
        似合うのはパイプオルガン?
[PR]
by xdev | 2005-07-15 00:23 | 身の回り

NSX生産終了

名車、といっていいんでしょうか?
ホンダ、NSXの生産終了によれば
ホンダは12日、国産スーパーカーとして人気を集めたスポーツカー「NSX」の生産を12月末で終了すると発表した。現行モデルでは2006年から欧米で義務付けられる環境規制への対応が難しい上、改修に多額の費用が掛かることなどが理由。後継車に当たるスポーツカーの開発を進めているが、「NSX」の名称を残すかどうかは未定という。
とのことで、まあ、残念ですね。
一番売れてたのは1991年、というと平成3年頃ですか?まだバブル景気が最後の盛りだったころですね。
NSXは持ってる知人も居なかったですが、あれ、洗車が大変だったそうですね。表面積が広すぎて。

この頃からでしょうか、無駄に馬力の大きな車が出だしたのは。
ホンダBeatとか、面白い車もいろいろ出てましたね。

今は環境問題がかまびすしいので、あんまり遊びゴコロのある車が少なくなってきた気がしますけどね。

今NSX乗ってる人は、大事にしてあげて欲しいものです。
[PR]
by xdev | 2005-07-13 00:48 | misc

ロンドン

朝のニュース
  2012年のオリンピック開催地に決定。

夜のニュース
  テロ事件で多数の死傷者。

やっぱりG8サミットのせいでしょうか?
[PR]
by xdev | 2005-07-07 23:40 | ニュース

カップヌードルBIG

ええと、今日はお昼ご飯を買いに行く時間がなかったので「買ってきて」って、お願いしました。
オーダーは明太子おにぎり×1とカップヌードル・チリトマト。

で、カップヌードル。味はオーダーどおりだったんですが、サイズがBIGでした。

う゛~~~

カップヌードル、大好きなんですけど、BIGだけはダメなんです。

昔、寮生活してたとき(考えてみれば15才から22才まで寮で暮らしてたんですが)、夜中にお腹がすいたら食堂そばにあったカップヌードルの自販機しかなかったんですよね。(門限で玄関の鍵が閉まるんで、外に出られなかった&場所がいなかすぎてコンビニが遠かった)
だからカップヌードルは思春期の食べ物。大好物のひとつ。なんだけど。

カップヌードルBIGって、普通サイズといろいろ違うんですよね。

まずね、猫舌なんですよ。猫手でもある。
だから熱いスープたっぷり、かつ、手で持つってのがつらい。
普通サイズよりお湯の量が多いからなのかな? 冷めないのね。
あと麺が太い。と、思う。これも食べるのに時間がかかる(猫舌)から、のびてるだけかもしれない。
あとスープ。味のグラデーションが大きいんですよね。
普通サイズだと、食べ始めのころのスープが薄味で、最後の方が適度に濃い味になります。この最後のスープに隠れたオカズの部分が、子どものころからの「メインディッシュ」なわけ。
でもBIGは、食べ始めのスープは「熱いだけのお湯」で、最後の方は「カタマリ」っぽく濃い。
やっぱり、同じ名前でBIGサイズなだけかもしれないけど、私にとって違う食べ物なんです。

カップヌードルって(ビジネス)シャツで食べるときは気を使うじゃないですか?(笑)
カレーヌードルにしろなんにしろ、ハネると目立つんですよね。
シーフードやSIO(これは油と胡椒がきついのであまり食べない)は無色に近いけど、
でもやっぱり油はシミになって残ってしまうんで、できるだけ手で持って、ハネないように
身体から離して・かつ・口に近づけて食べるのが習慣になってるんですけどね。

これがBIGだと難しい。まず熱くて持てない。我慢して食べると最初は熱すぎて食べられない。
冷めるのを待ってると麺がのびる。あー、早く食べたいなあ、と思いながら待つことしばし。
で、食べ始めると最初の方は味がしない。
最後の方、もうお腹いっぱいでスープはいらないや、ってところでやっとメインディッシュ。

一人暮らししてたころ、アパートでBIGを食べようとして熱くて取り落として一食抜き+部屋掃除、とか
社会人数年目で徹夜でコーディングとテスト、とかの合間に食べて、無理して完食してムネヤケ、とか
同じく、夜中に食べようとして熱すぎて冷めるのを待ったまま仕事に没頭して、まるまる生ゴミ状態、とか
...
とにかく、あんまりいい思い出がないのです。むしろトラウマに近いくらいダメ?
普通サイズは大好物なんですけどねぇ。

なので、今日は、頼んでおきながら、とっても申し訳なかったんですが「要らない!」ってことにさせてもらいました。

とか、うだうだ書きましたけど、カップヌードルは普通サイズですね。

今日買ってきてくれたのに「要らない!あげるっ!」って言っちゃってごめんなさい。>誰?(笑)
[PR]
by xdev | 2005-07-06 22:48 | 身の回り

やまとだましいとは

そうだったのか!
やまとだましい、って、世渡り上手に生きる術、のことだったんだ!!
武断派の国粋主義だと思ってた!
しらなかったよ...
[PR]
by xdev | 2005-07-05 22:27 |