<   2005年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

破壊力抜群

最終兵器彼女。

実写で映画化されるようですね。

最近、コミックス全7巻を入手する機会があって、一気読みしました。
この作者は「いいひと。」でも有名なのですが、サイカノ(最終兵器彼女)は全然違う話。

シュウジとちせは両思いから始まった付き合いじゃなくて、告白から始まる付き合い方です。
これ、実は長続きする恋の秘訣かもしれないですね。

最初はほのぼの系と思わせて、実はかなりハードな話です。

ピュアなラブストーリーです。が、プロットがあまりにもあり得ない。
主人公たちの遭遇する状況が極限状態すぎます。

えー、まず、地球が終わります。(なんだそれ)
日本が戦争に突入(?)、札幌空爆。
彼女が突然、兵器になっちゃう。
かわいい彼女が、兵器として強くなっていく。
戦うたびに、敵を殺すたびに、兵器としての進化を遂げてオーバーテクノロジーの域に入っていく。

人間としての自分が「兵器としての自分」を抑えられなくなっていく彼女。
それでも、いっしょに生きていこうと誓うシュウジ。
メンテナンスを拒否した兵器の運命が、人間としての彼女の運命と重なっていく。

こんなに悲しい、切ない、言葉にならない想いを甦らせるストーリーは久しぶりでした。

質量保存則を無視してるとかなんとか、そういうのを細かく考えないようにして読むのがいい。
決してハッピーエンドではないのですが、それでも、一度はこういうお話を読んでみるものいいと思います。

もう本編連載なんかずっと前に終わってるし、古本屋に行けば全巻セットでもお安く手に入るのではないでしょうか。

今日のタイトル「破壊力抜群」ですが、何年振りかで涙腺をやられました。(苦笑)

面白いですよ。
[PR]
by xdev | 2005-05-28 16:12 | アニメ・映画

戦争犯罪人とはなにか

森岡政務官「A級戦犯は罪人でない」 靖国参拝正当化強調し波紋によれば
「A級戦犯がいかにも中国に気遣いして、悪い存在であるような処理のされ方をされている。この人たち(A級戦犯)は罪人でない」と述べ、A級戦犯が一緒にまつられている靖国神社への参拝は何の問題もないとの認識を示した。
とある。
これに対して民主党、森岡政務官の「(A級戦犯は)国内では罪人ではない」発言に更迭求める方針によれば
岡田代表も記者団に対し、「村山談話を口では語っていても、実際に受け入れていないという海外からの批判に根拠を与える発言で論外だ。更迭を求めるのは当然だ」
とのこと。

だから、もうこのblogで何度も言ってるけどさー、戦争犯罪人を規定できる法律がもしあるならもってこいって言ってるだろ。

「戦争法」という法律が無い限り、戦争犯罪というものはあり得ない、ということは東京裁判の時にインドの国際法律学者パール判事が言ってるんだってば。

戦争犯罪というのはアメリカの占領政策が生み出したプロパガンダなんだってば。

法無きところに罪はなし、罪なきところに刑罰なし、というのが法治精神なんだってば。

もし戦争法が本当にあったら、ヒロシマ・ナガサキに原爆を落とす計画を決裁したトルーマン大統領はS級戦犯なんだってば。
靖国に犯罪人が奉られてる!って怒ってる奴、トルーマンとかルーズベルトとかニミッツとかマッカーサーの墓石壊してこいよ!

民主党が何を言ってるかしらないけど、日本のためと思って散った日本人を「犯罪人」として石もて打つのが後継者だと思ったら、それこそ、戦後の日本の礎となるために散っていった日本人がかわいそうだ。

「日本が負けたら、俺の最愛のK(妻)がアメリカ人に何をされるか分からん。だからオレは行くんだ。オレは死ぬが、そのことで最愛の妻の中に生きる。永遠に行き続ける」という遺言を残して散った特攻隊員だって居るんだよ?
たとえそれが今考えれば幼稚なようでも、当時の20才そこそこの若者が自分の命を懸けて守ろうとした国や国民に、死んだ後になって「無駄死にした」とか「戦争犯罪人だ」とか言われてることをもし知ったら、すごく悲しむと思わないのかな。しかも、そういう特攻隊員が何人いるのか、というのは「戦争犯罪人がいるから靖国参拝は反対」とか言ってるお前らの方が詳しいだろ?

まったく嘆かわしいったらないよ。情けない政治家だなあ。

一国の首相が、副総理から「会談させてくれ」と言われて予定を合わせて待ってたらドタキャンされた、とか言ってるし。ナメられすぎだよね。

ちょっとズレてるかもしれないけど、たとえばムコウの国は「社員ばっかり山ほどいて儲けも少なくて、でも暴力沙汰になったら強くて(軍隊がある)、給料の多寡が激しくて、社長の独裁的な政治が敷かれているような会社」だとするじゃん。
で、その会社に対して(他にもいっぱいやってるけど)『無償援助』しながら、社員数もムコウの会社より少なくて、でもそれなりに儲けが多い大企業がウチの会社(日本)だとするじゃん。

ムコウの会社の常務が「挨拶させてくれ」って言うから、こっちの会社の社長が、しょうがねぇなあと思いつつ(「これはちゃんと会ったほうがいいですよ」っていう取締役連中が多いから)日程をずらして会議の予定を入れた、ってのが、日中会談だよ。

そいでこっちの社長が時間合わせて待ってたら、ムコウの常務がドタキャン。で、理由の説明が無いわけ。
怒ったこっちの取締役が「何で?」って聞いたら「すんません、ウチの常務、急用で」って。
でもその常務が別な会場で「あの会社はけしからん! 急用だなんて言った覚えなんかない」とか言ってるのが、ウチの会社にばれてるわけですよ。

お前、それでいいのか。
社長は「ちゃんと話をしてくれればいいのに。(苦笑)」とかで済ませてるけど。(そういうところは社長っぽいんだよなー>小泉)

いい加減にしないと、ますます更に図に乗るんだってば。何とかしろよ、政治家よー。
そんな奴らのために税金を納めてるのかと思うと、マジ、馬鹿馬鹿しいよ。

中国のヒトタチだって、全部が全部、そういう人じゃないのは分かってるよ?
でもさ、結局そういう政治家の動きが、その国の動きになるわけじゃん。
日本だって、政治家と同じ人間ばっかりじゃないと思うけどさ、結局、国際的にみたら日本の政治家を見て「あー日本てヘタレー」とか思われるわけじゃん。
情けなくって父ちゃん涙もでねぇよ。まったく。

もう戦後60年。この間、ずっと「日本が悪うございました」って思って死んだ人だっているでしょう。そのほうが切ないよ。かわいそうだよ。謝りっぱなしだよ。

そろそろ戦後占領政策の呪縛から解き放たれる頃合いだと思うんですけど、どうなんでしょうか。
[PR]
by xdev | 2005-05-27 23:38 | ニュース

ばたばたばた

うーん。
ばたばた。

身辺が急に騒がしくなってきました。

こういうときに起こること。それは普段は起こらないこと。

カミさんの実家から自宅に戻る途中、雨の第三京浜で追い越し車線を「ぬふわ」くらいで飛ばしていたところ、白いクラウンがピタリと後ろに。
「あおられてるなあ」と思いつつ追い越し車線から走行車線に変更したのですが、相変わらず真後ろで虎視眈々とついてきます。
「うぁ、なんだこいつ、やらしいなあ」と思いつつ、V6ツインターボ・フルタイム4WDのパワーに任せて「ぬうわ」あたりまでアクセルを踏み込んで引き離そうかっ、と思いましたが、今日は思うところあって「先に行けよー」っと、わざと制限ギリギリの「ゆわ」まで落としてチンタラ走っておきました。
その横の追い越し車線を、まさに「ぬあわ」くらいですっ飛ばしてった白いist。
そして急にistを追いかける白いクラウン。
「うあー、何だあいつ」
っと思ったら赤色灯は回るわ左に寄るわ「パトカーに…続け!」とかいう電光パネルがリアに出るわ...
覆面だったんですね。あーよかった。& かわいそー>ist
[PR]
by xdev | 2005-05-23 01:49 | 身の回り

エヴァ実写映画化って本当だったんですね

ということでガイナックスのページ

エヴァンゲリオンが放映されてから、もうずいぶん経つんですね。
当時はまあまあ面白いかな、程度でしたが、放映が終わった頃から爆発的な人気が出てました。
TV最終回と、TVシリーズの再放送のような映画版(1の方)は、かなり視聴者を戸惑わせましたが、それもこれも懐かしい思い出だったりして。
(映画館じゃなくてWOWOWで見たクチですけどね)

今、もう一度エヴァのアニメを見直してみると、なるほど面白いです。それなりに。

キャラクターデザイナーの貞本義行いわく
・碇ゲンドウ、碇シンジ
 悩まずに作れた。実在感のある地味なキャラを狙った。
・葛城ミサト
 ルパン三世(旧シリーズ)の峰不二子をイメージ。
 年齢の分からない女性という設定で作った。
 前髪はセーラームーンのうさぎちゃんからパクった。
 が、実際に声優さんが三石琴乃になって冗談にならなくなった。
・綾波レイ
 筋肉少女帯の歌の歌詞「包帯で真っ白な少女」というくだりから。
 どこかしら病院の消毒液のにおいがするキャラクターとして作った。
・惣流・アスカ・ラングレー
 多分自分が14才のときにそばに居たら、一番縁の無い娘。
 作品の中のアイドルとして設定。
・赤木リツコ
 コスチュームはドラマ(振り向けば奴がいる)での松下由樹のコスチュームを参考にした。
 イメージは監督からリクエスト。西村しのぶのサードガールの主人公。
とか。

まあ、このアニメ、みーんなキャラが立ってましたね。

結局、最後の最後は監督が、自分の広げた大風呂敷を畳めなくなって、ワケワカラン状態で完結しちゃいましたけど。
TVシリーズも、後半からどんどんグロい系、イタい系になってます。
畳めない風呂敷をむりやり畳もうとするから、だったんですかねぇ。(笑)

他の手もあったと思いますが。

筒井康隆くらいに「畳もうともしない」終わり方をするとか
永井豪みたいに「畳むとどんな話もデビルマンになる」とか
松本零士みたいに「すべてはひとつの物語(ニーベルング)の断片」とか
[PR]
by xdev | 2005-05-18 23:49 | アニメ・映画

Windows and Solaris

なんだかWindowsとSolarisで互換性を持たせる(?)とかいうですね。
どういう動き方するんでしょうね。ちょっとよく分かりませんが。
[PR]
by xdev | 2005-05-15 22:26 | 仕事

天皇と戦争責任

天皇退位した方がよかった 歴史認識問題で菅氏 だそうである。

歴史認識で問題なのは、最近の政治家の歴史認識が甘すぎることである。
歴史を本当に勉強しているのだろうか。

戦争の反対語は平和ではない。戦争の対となるのは「(武力に訴えない話し合いの)外交」である。
念のために言うなら、平和の反対は「混乱」であって戦争ではない。

戦争は「政治」の手段であり、状態を指す言葉ではないのである。

つまり「戦争」とは、その時代の政治家が選択する「政治手段」なのだ。
これは非常に基本的なことで、かつ近年の日本人がまともに「戦争とは何か」を教えず、考えてこなかったために国民レベルで誤解されていることである。

当時、昭和天皇は「政治に参加していない」むしろ「参加させてもらえない」状態にあったのである。すべての政治は天皇を輔弼(ほひつ)する各大臣が大臣の責任で政治を執り行うことになっていた。
その結果、各大臣、および参謀総長や軍令部長(ともに陸軍と海軍のトップ)からの「こうしますからね」という話を聞かされ、その話を承認=「わかった」というだけの存在だったのである。

戦争突入時に最後まで外交努力を続けさせたのは昭和天皇である。山本五十六は真珠湾攻撃開始を命ずるギリギリの最後まで、対米交渉の成功を祈っていたのだ。

緒戦の優勢に勢いづき、伸びきった補給線の先に作った孤島の飛行場。南海ソロモン諸島のガダルカナル島に米軍が本格的反抗上陸を開始したとき、真っ先に「大丈夫か、本当に守れるか」と心配したのも昭和天皇である。
そしてそのソロモン諸島で補給がうまくいかず、航空消耗戦が始まったとき「大変な作戦になってしまったではないか」と大局的な戦略眼で日本のおかれた状況を看破したのも昭和天皇である。

実質的な日米最終決戦となった「あ号作戦(マリアナ沖海戦)」に惨敗し、続くレイテ海戦で戦艦武蔵や歴戦の正規空母・瑞鶴が沈められた。そのままフィリピンを押さえた米軍に南方からの資源補給ルートを遮断され、沖縄本土で激戦が戦われた。
東京・大阪に大空襲があり、戦艦大和が沈み(大和一艦が沈没したことで殉死した兵員数は、全期間を通じた特攻隊員の総死者よりも多い)、そしてヒロシマ・ナガサキに核が落とされた。米軍は兵士も民間人も全く関係なく、日本民族を殺戮しはじめた。

新聞(特に今サヨク的な記事ばかり掲げている新聞ほど)が、それこそ勇ましい言葉で国民を煽り立て、戦争に駆り立てていたこと、戦争に反対する発言を弾圧し非国民呼ばわりしていたことを知っているか?
そして「こうなったら日本民族の滅亡を賭けて最後まで戦うのだ、国民も承知している」と力む軍部を、すれすれで押さえ込み、「聖断」としての無条件降伏を選択して、この混乱状態に決着をつけたのは誰だったのか知っているのか。

天皇は、戦争を開始します、と言った政治家に「わかった」と言った責任があった。
だから政治家が戦争をやめたくてもやめられなくなったときに「終わりにせよ」と言ったのである。それまで、天皇の声が電波に乗ったことなど無いのに「国民が納得するならどんなことでもやる」として自分の肉声を録音し放送させたのも彼である。このテープを強奪しようとクーデターが起こりかかったという事実すらある。
もう十分、責任は取っている。

日本として、国としても、戦後賠償はすべて完済している。

本来ならば、もう戦争について責任がどうのこうのといわれる筋合いは無いのである。
ましてや、なぜ日本人の政治家が、言われてもいない自国の象徴に対して「戦争責任がどうこう」といまさら言うのか。

簡単である。そのほうが人気が出て票がもらえると思っているからだ。
自虐史観の虜になるのもいい加減にして欲しい。

これからの国際社会において、一時期のようなエコノミックモンスターでもなくなってきた日本が、どのような立場で振舞うべきなのか。

いま日本が自国のためにやらなければならないことは何か。

そして他国から何を期待され、何をするのが良いのか。
他国におもねることなく、自国の力で自立し、「日本人、ここにあり」と国民が胸を張って海外に出られるような国となるために、何をする必要があるのかを、政治家は考えるべきだし、考えてもらいたい。
[PR]
by xdev | 2005-05-09 02:34 | ニュース

飛行石

Baccarat の飛行石をカミさんにプレゼントしてみました。

とってもキレイ。b0000772_23114988.jpg
[PR]
by xdev | 2005-05-05 23:07 | 身の回り

車窓から

のぞみ号、速いなあ。
新大阪を出ると、京都、名古屋、新横浜、東京。
その間の駅は全部通過。

十数年前に、豊橋に数年間、住んでいたことがある。
久しぶりに高架から、豊橋駅まわりの景色を見る。
変わらない風景と、ちょっと変わった風景。

懐かしいなあ。市電通りとか。

今でも路面電車が走ってる日本の街って、豊橋のほかは広島と、松山と、あと...
いろいろあったなあ、あの町では。
ちょうどプレイヤーから流れてきた曲が、そこに住んでいたころよく聴いた曲だったりして。
切なくなりますね。駅で降りて、何の用事もないのに広小路通りをぶらぶらしたくなります。

と言っている間に浜松を通り越して掛川、静岡も過ぎました。
で、富士山は? そうですか今日は曇りで裾野しかみえませんか。残念でした。
[PR]
by xdev | 2005-05-03 14:02 | 身の回り

おでかけ

ここ最近、出張が続いています。
4/17-18:広島
4/24-25:松山

そして
5/1-2  :大阪
ということに。

観光地めぐりとか美味しいもの食べるのが仕事みたいに見えるかもしれませんが決して(ry
明日も朝9:00前からお客様の会社前に集合、とのこと。
サービスインの立会いなんですが、それまでキッチリと切替工事は終わってるんですよね?
大丈夫? (^^;;
[PR]
by xdev | 2005-05-01 09:10 | 仕事