<   2005年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

優先席?

昨日、会社の帰りに電車に乗ってたらおじいさんが乗ってきた。
「若いやつは座らなくていいだろ?席ゆずってくんねぇかなぁ!」
と優先席にすわってたお姉さんに大声で。
3人掛けのシートで3人とも立ち上がってそそくさと退散。

車内は激混み。

で、4つくらい駅を通過して、ようやくおじいさんが降りる駅になった模様。
優先席からすっくと立ち上がり、対面の優先席に座ってる3名に向かって

「携帯電話の電源、切ったらどうなんだ!」

とお怒りの様子。
つーか、優先席に座っていた3名、全員が必死に携帯でメール打ってる模様。
気づいたお姉さんが席を立って退散。
まだ知らん振りしてる2名に

「この席は携帯の電源切りなさいって、聞こえないのか?!」

ようやく残りの2名も(自分らに言われたことを)気づいてない振りできなくなって
立ち上がって退散。

なんというか、こういうおじいさん最近めずらしいので拍手したいってのもあるんだけど、
逆におじいさんにつかみかかって乱暴するようなやつじゃなくてよかったね、とちょっとハラハラ。

こんな心配しなきゃいけないような国になってしまったんだろうかねぇ。
気にしすぎかなあ。
[PR]
by xdev | 2005-02-24 00:52 | 身の回り

雪国

そういえば先週11日~13日の3連休、実家に帰省しました。
東北地方。冬のやまがた。もう、超、雪。

11日午前零時に出発。
11日の明け方に現地に到着。

着いたその日はお昼から親戚をお見舞いに病院まで。喜んでくれて何より。

その後、午後はウチの裏山の坂(小学校がゲレンデに使ってる)で二人の子供と一緒にソリ。
この坂、昔(自分がまだ小学生だったころ)はブドウ園か何かだったんだけどな。

最初はこわごわとソリに乗る二人。
そのうち面白がって、どんどんゲレンデの上の方から滑ろうとする。
最後は勢いあまってゲレンデの脇のガケからソリごとぶっ飛んでしまった。

でもガケ下も山のように雪。大人が股下全部埋まるくらいの高さで積もっているので
怪我もせずに、足跡の無い雪原にソリごと「ばふっ!」

落っこちた本人もケタケタ笑っている。
(ガケから這い上がるのは一苦労だったが)

次の日の朝は、雪に埋まった車を復活させることから始まる。
ルーフもボンネットもフロントガラスも何もかも真っ白。
昨夜一晩で4cm~ くらい積雪があった模様。
今年は寒いのね。

その後は近所のスキー場(車で30分かからないくらい)まで。
10:00くらいから15:00すぎまで遊んでました。
スノーボーダーお断りゲレンデだったので子供にもスキーをレンタルして一緒に
リフトに乗っててっぺんから。
こっちはファンスキーなので、子供を抱えながらくるくる回れるのが面白い。
(短い板って、楽しいネ)

たっぷり遊んで帰り道にお土産の地酒を買って....

一晩眠って13日の午前中に向こうを出発し、夕方くらいにこちらについたかなと。
そのままスタンドで給油して水洗い(これをやらないと車の裏側・下回りがサビるので)。

久しぶりに休みを満喫しました。

やっぱり、北国の故郷には冬に帰らないとダメですね。
[PR]
by xdev | 2005-02-19 00:32 | 身の回り

サッカー日本、北朝鮮に勝利(ホーム)

日本、2-1で勝った!

アウェイ戦がちょっと危ない気がするけどね。(笑
[PR]
by xdev | 2005-02-10 02:04 | ニュース

20年以上前からの雑誌

アパートの床が抜けるほど雑誌をためてみた、という人が大怪我です。
Excite エキサイト : 社会ニュースによると
雑誌は昭和50年代からの「週刊プレイボーイ」「サンデー毎日」などの週刊誌や漫画雑誌「少年ジャンプ」など
とありますね。

今年は昭和でかぞえて80年ですから、20年以上前というと昭和50年後半ですか?
てことは、もしかするとオンタイムで
・ドラゴンボール
・北斗の拳
・シティハンター
・ジョジョの奇妙な冒険(第1部~第3部あたり)
とかが載ってますか。
6本指のケンシロウとか。

つーか20年以上前の週刊プレイボーイとか、見てみたい気もするなあ。
当時流行の車の広告とかさ。

で、何で読み終わったら捨てないんだろう。
引越しするときに思わず昔の雑誌とかが出てきて荷造りを放って読みふけってしまい「ああもう4時すぎてる、今日の朝9時には引越し屋が来るってのになにやってんだろでも面白いからもうちょっと」とかいうパターンはよくあるしハマると大変なのは分かるんだけど20年以上前の雑誌を最初から読み直そうとするとすごいことになるのではないでしょうか。
週刊誌だとすると1年で50冊くらい出ますから10年で500冊、20年で1000冊ですね。
ジャンルはジャンプ・サンデー・マガジン等の少年誌、ヤンジャン・ヤンマガ・モーニング・アフタヌーン・ビックコミック・ビックコミックスピリッツ等の成年誌、プレイボーイ・サンデー毎日(週刊誌だっけこれ?)とか、フォーカス・フライデー(なつかしいな)・フラッシュ等の写真週刊誌、週刊ポスト・週刊アサヒ芸能・週刊実話等のオヤジエロ系、エロトピア・桃色小町・キャンディタイム等のモロエロ系とかありますがどれでしょうね。あと、なにげにリボンとかなかよしとかデラマとか花ゆめとか混じってたりしますか?
最後の方、週刊誌じゃなくなってますけど。

しかし20年の重み…3万冊の雑誌で床抜ける の記事によれば
救出の際に運び出した分だけでも高さ50センチに積んで幅1メートル、長さは約30メートル。同署は「大量すぎて正確に調べられていないが、数トンはありそう」。単純計算では15立方メートルで、週刊誌1冊が300グラムとして換算すると約3万2000冊、重さ10トンにも及ぶ。実際はもっと軽いとみられるが、それでも想像を絶する量だ。
だとか。
雑誌の山から佐藤さんを救出した際に威力を発揮したのが、東京消防庁が装備する「画像探査装置」。伸縮性の棒の先に小型カメラが付いたもので、平成7年の阪神大震災で倒壊家屋の下敷きになった被害者が多かったことを教訓に普及した。新潟県中越地震でも使われたが「都内で人の救出に使った例はあまり聞いたことがない」(東京消防庁)。
とかありますけど、「都内で人の救出に使った例はあまり聞いたことがない」じゃなくて「まさか雑誌の山から人を助けるのに役立つとは思いませんでした」と書けばいいのに。

なお溜め込んだ本人ですが
救出された際に署員から「雑誌は処分していい?」と聞かれ、力なくうなずいた。
ということで「勝手に捨てんなよ!」とは言わなかったようです。

うーん。とりあえず誰も死なずに済んでよかったネ。
[PR]
by xdev | 2005-02-09 01:30 | ニュース

めざまし天気チカちゃん卒業

Excite エキサイト : 芸能ニュースによると、3月で卒業だそうな。
うーん! カワイかったのな。
「今日の、カサはどっチカ!?」とか。
たまにウソつかれたけど。
納豆だいすき!とか。

一昨年だったけ?
夏休みシーズンにスタジオ飛び出してあちこち地方を回ってやってました。
そのときは等身大のトロ(中の人など居ない)と放送中に絡みがあって苦笑してたなあ。

なんか、普通にかわいい娘だった。
次は誰だろう。

高島あやぱんの前任はいま「すっきり!」とか「もやっと!」とか言ってますが、ぜひチカちゃんももっと他の番組で露出して欲しいですね。
[PR]
by xdev | 2005-02-09 01:00 | ニュース

節分

昨日の夜は節分。
カミさんから「お面、お面」とのメール。
帰りがけのコンビニでおつまみ用の豆とお面をゲット。
「ただいまー」と玄関を入ったらさっそく子供が
「おにはーそと」
と、袋入りの豆を投げてきた。お面かぶって玄関はいってくるんだと思ったらしい。
で、ちゃんと着替えてお面つけて
オレ  「がおー」
娘   「おにはーそとー!」
弟   「おにはーそとーっ!」
結構いたい。
少々むかっぱらたったので金棒代わりに風船バットを持ち出して
オレ  「よしこい」(右利きのまま、ポーズはイチローの真似)
娘   「おにはーそとー!」
弟   「おにはーっ、そとーっ!!」
なかなかストライクが来ないので
オレ  「こいこいーっ!」
娘   「おにはーそとー!」
弟   「おにはーそとーっ!!」
オレ  カキーン!
すると、ジャストミートで弾き返した袋入り豆がカミさんの方へバシーッ!!
カミさん「なにすんのようっ!」
そのまま見事なクイックでこっちのお面にビシーッ!!

見事な打ち返し弾をくらって、おに、降参。

毎年こんなことやってます。あと何年できるかな?

つーかおまいら「ふくはうちー」って、言って無いんじゃ... orz
[PR]
by xdev | 2005-02-04 12:50 | 身の回り

おっさん

今日、帰りの電車の中。
たまたま座れた席のまん前の席が空いていた。
次についた駅で、おっさん(ハゲ気味、白髪の方が多いくらい、50台後半?)が乗ってきた。
のってすぐ、せわしなく両膝を開け閉じする貧乏ゆすり。
「なんだよ、トイレ我慢してんのか?」と思いつつ、手元の文庫本を読んでいた。
本読んでるんだけど、その目はしから見えるおっさんの様子がちょっとおかしい。
貧乏ゆすりが終わったら、今度は足踏み。
貧乏ゆすりもだいぶテンポが速かったけど、足踏みもかなりはやい。
「タカタカタカタカッ」
って感じ。
普通のスーツ着て、普通にビジネスコート着て、普通の革靴はいて、普通に鞄を持ってる。
いたって通常の会社帰りのおっさんにしか見えないんだが。

隣の席に座ってたおばさんが、別の空席を見つけて移動。
まわりの人が「そりゃそうだよね」という感じで、せわしないオッサンをチラチラ見てる。

足踏みが終わったら、今度は両足を通路に投げ出したり、また貧乏ゆすり。
別に何の被害もないけど「UZEeeeeeee」って感じで目障りでしょうがない。

しまいには貧乏ゆすりの合間にブツくさ文句いったり「うぉぉ」とか嬌声をあげる始末。

ウチに帰ってカミさんに「今日さ、ヘンなおっさんいたよ」と話をすると
「自閉症だよそれ」
だそうだ。カミさんによると、そういうのは歳も何も関係ないらしい。
しかしなあ。
おっさん、会社でどんな立場の人なのかしらないけどさ。どうなのよ?

と思いつつ、結局持ってた文庫本を自分のペースで読めなかったことに気づいた。
おっさん、今日は俺の負けだ。(笑
[PR]
by xdev | 2005-02-03 23:40 | 身の回り

中尊寺ゆつこ死去

漫画家の中尊寺ゆつこさん死去だそうです。
昨年夏ごろから闘病生活を送っていた。東京生まれ。89年、「お嬢だん」を出版、ベストセラーになった。ゴルフなどで中年男性のような行動をとる若い女性を軽妙に描き、「オヤジギャル」は流行語大賞になった。
ということで、誰でも一度は見たことのある漫画なんじゃないですかね。
確かに「オヤジギャル」は流行したけど、本当はもっといろいろなことをエッセーとかでも表現していた人なんだよね。まだ42歳、若いなあ。
公式ページ
● 2005年1月31日午前8時45分、中尊寺ゆつこが永眠しました。
今までのご声援まことにありがとうございました。
という文字が淋しいです。
まだまだ元気でもよさそうなんですが、もったいない...
[PR]
by xdev | 2005-02-01 00:02 | アニメ・映画