<   2004年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

5打数2安打で「あと3」

毎日の記事より。
すごいなあイチロー。本当にすごいと思う。
淡々とやるべきことをやる、何を期待されているのかが分かっているなんて。
そしてそのためのひたむきな努力を微塵も見せず「プロ」の選手としてがんばっている。

日本からアメリカへ。
それまで豪腕と強打がすべてになりかけていたスポーツに、スピードとテクニックを使ったスリルという楽しみ方を提供している。
米国人自身が、子供のころに遊んだ野球のスピード、スリル、テクニックを思い出して熱狂している。

バットを垂直に持った腕を投手の方に真っすぐ伸ばすそのしぐさ。失敗しようと、ピンチだろうと自分に冷静に。そして普通なら凡打となるボテボテの打球を尻目に一塁ベースを駆け抜ける。

この選手の名前が「マイケル」だとか「ジョージ」などではなく「イチロー」であることを素直に喜びたい。
[PR]
by xdev | 2004-09-29 22:21 | ニュース

今日の一言#3

本物?ホラー映画に霊…映画「感染」
 映画に幽霊が映ってるそうです。ほんまかいな。
フジテレビF1中継テーマ曲がズラリ!
 スクエアといえばリリコン。リリコンて電子楽器なんだけど感電する(仕様?)か何かで販売中止になったんだよね。
NHK朝ドラ「天花」、平均視聴率で歴代最低記録を更新
 仙台を舞台にしたNHKドラマといえば「独眼竜 政宗」だろう。
25歳バカ教師の暴走女子高生ルポ「パンツ丸見え」
 依願退職ということは退職金アリだな。つーか「ドッキドキ」ってイマドキどうかと思う。
ルーカス監督が新たに「修正」 「スターウォーズ」DVD
 字幕が「理力」からついに全編「フォース」に変わってしまったとは....
アレルギーでぜんそく誘発、ハムスターにかまれ死亡
 アナフィラキシーの王者といえばスズメバチだろう。
オキシライド乾電池【おきしらいどかんでんち】
 明るすぎて電球が切れるから懐中電灯に向かない、って、どういうこと?
金正男氏、北京に現れる? 空港で「本人」と認める
 誰かこいつを拉致してやれよ。
楽天 星野氏に監督就任を要請
 ねぇねぇ、長島ジャパンを率いた中畑はどこに行ったの?
小学生の4割「太陽が地球を回ってる」 国立天文台調査
 キレる児童をテーマにした社会心理学の研究題材になりそうな話題。ジコチュー
[PR]
by xdev | 2004-09-27 23:52 | ニュース

ハガレン#3

鋼の錬金術師の後番組って、ガンダム(機動戦士ガンダムシード・デスティニー)なのか...
[PR]
by xdev | 2004-09-26 10:54 | アニメ・映画

田舎からもどってきました

う゛~ 風邪ひいた~

やっぱあれっすね。季節の変わり目?

つーかこんな時期にアテネと同じ北緯38度線上を越えて行ったり来たりしてるからだと思う。
だって車で高速で5時間とかだよ?
到着するともう疲れててバッタリ、じゃなくてビールごくごく。
そのまま寝たりするわけ。出発地の服装で。そりゃー風邪もひくよ。

でも車の5時間て、みなさんどうでしょうか?
私は結構、どうでもいいというか大丈夫というか、まだ乗れるというか。運転好きだし。
ただね、おしりと腰が痛くなるんだねー。

今回一人旅だったのもあってCKとかCASIOPEAとか、好きなCDを「お前らも聞けー!!」並の音量で聞きながらだったので面白かった。てかこれがいわゆるDQNカーですかね。高速だったんだけど窓もサンルーフも開けて(半開き状態、あれ何て呼ぶの?)聞いてましたね。さすがに歌わないけど。つか歌うようなCD聞かないし。

Crystal Kay のアルバムCK5はMotherLand 目当てだったんだけど Boyfriend partII もいいなあ。みんなもチャンスがあったら聞いてごらん。
CASIOPEA は自分の好きな曲ばっか集めて焼きなおしたやつ。DominoLine(MINT-JAMS)とかASAYAKE(同)は定番として、Coast to Coast(SUN SUN)とか、最近(でもないけど)のLuckyStars(MATERIAL)とかもいいっすよ。

今度のドコモの楽曲検索て期待してんだけど。
というのも20年位まえにNHK-FMの「クロスオーバー・イレブン」という番組の曲を生録したテープがあったりして、その中に大好きな曲がいくつかあるんだよね。
これさあ、アーティストとか曲名が分かればCD買いたいんだよね。そんときのFMStationとか取っとけばそういう情報が載ってたんだろうけどさ。こういうのって人に聞きづらいじゃん。こういう曲なんだけど、って言いながら鼻歌うたってもたぶんダメだし。

他にも何曲かあったんだけど、ある日、輸入CD屋で衝動買いしたspyro gyra のCD(CITY KIDS)に入ってた曲がモロそのうちの2曲だったんだよね。
当時は全然 spyro gyra とか知らないで「へんなバンド名だな」くらいのノリで買ったんだけど「これだったのかああ!」と、コンポの前で転げまわって喜んだ覚えがある。

もし楽曲検索が使い物になるんなら、ぜひ手持ちのテープをケータイに聞かせて曲名を教えてもらいたい。
だめ?
[PR]
by xdev | 2004-09-25 04:06 | 身の回り

Linux Installed

結局ケーブルか?でも語っていたが、やっぱりHDDのIDEコントローラが死んでいる模様。
ケーブルを変えた当初は元気がよかったんだが、どうもイカン。
ということでしょうがないから活きのいい方のHDDの基本領域(使ってない)をつぶしてLinuxを新規インストールすることにした。
この際だからFedora Coreにでも換装してやろうかとも思ったが、今までが今まで(Vine)なのでやっぱりVineにする。最新のVer.3.0か?とか考えたが時間が無いので机の中をあさってみた。
VineLinux 2.0
VineLinux 2.1.5
VineLinux 2.5
うーん。どれもどれだがまあ2.5にしておこう。USBもつかえるしな。
ということでインストール。今まで/export/home, /export/var にしておいたパーティションは raiserfs だけども fdisk もディスクドルイドも 83 Linux Native としか表示しない。まあそうか。で、このraiserfs を潰すとはっきり言って商売上がったりに近い(少なくとも一週間くらい休暇と称して失踪したくなる)ので慎重に fdisk を使って / と swap をつくり、インストールした。
新しい領域はあえて ext2 にしてみた。ext3 もつかえるんだけど、ext2 だと tomsrtbt の1FDで復旧可能だと判断、たまの fsck くらい我慢してやらあ。
最近はKNOPPIXとかもあるけどな。
でCD-ROM からインストールしてみたんだけど、最初はIDEコントローラの死んでる腐れHDD=/dev/hdaをインストール時に anaconda が認識したらしく swap の format をしようとして頓死。そこでhda の swap領域を削除開放して再度トライしたのだが、なぜかhda のMBRにLILOを書き込みに行った(それやるな、って指定したつもりだったんだけどなあ)模様で、インストールの最後の最後で頓死。
半ばブチ切れながらhda をケーブルから物理的にとっぱずす。
インストールもつつがなく完了。やったね、起動用FD?いらねー、と reboot したら画面が
L 02I
とかでとまりやがった。まじっすか?起動FD作っとくんだった...
もう一回インストール。個人的によくつかう TeX あたりとかを選択してなかったことに気づいたのでヨシとして、最初からインストールしなおし。設定が終わればインストール自体はほぼ全自動なんだけど、そんなこんなで数時間がパア。
何とかインストールしなおして起動FDも作り直して再起動。やっぱりLILOがちゃんと起動しない。/dev/hdb (プライマリIDEのスレーブのまま)なのが問題なのかなあ。もうジャンパピンいじるのやだからこのままにしたいなあ。で、FDで起動したら一発OK。
今までのwmが gnome だったんだけどVine のデフォルトは WindowMaker なのだった。しまった。どうやってwm 変更するんだっけ?
面倒だからroot で init 5 をたたいてGUIログインにして wm を変更。
大事にとってある(はずの)/export/home, /export/var をおそるおそる mount してみた。生きてた!やった!いや、そうなるようにしたんだけど。
んで /etc/apt/apt.conf にproxy設定を追加して apt-get update, apt-get upgrade をひっぱたく。ジョリジョリと最新化が進む。この辺、昔は大変だったんだよなあ、Debian Linux が羨ましかったもんなあ、と思いながら終わるのを待つ。
最後に自分の home を /export/home にして、 .emacs.el の修正、Mail が読めることを確認。おお、読めた。ふっかーつ!!
と思ったらサーバから Mail ゲットに失敗。
もう疲れたのでこのくらいで帰ることにする。うーん。いつになったら復旧できるんだろう。
メールが読めたら今度は VMware の再インストール(.dsk とかは保存してある)とか、movableType の再インストールとか....はぁ。
[PR]
by xdev | 2004-09-25 03:21 | 仕事

白装束軍団分裂

夕刊フジの記事によると白装束軍団が分裂の危機とのこと。
反会長派は五太子町の拠点施設から“家出”し、千乃会長に入院を勧める建白書を提出した。
ということで、いままで一緒に住んでいた子供が「家出」したうえで「おかあちゃんは入院すれ」と言っているらしい。
また、反会長派は機関誌『LR』の特別号を発行して会員に送付。その中で「これまでの会長の予言はすべて虚構」とまでコキおろした。
ということは「おかあちゃんの言ってたことは全部うそさ」とも。大変ですねぇ。大家族ともなると。でも相変わらずUFOの着陸基地を作るんだと言っては無許可で木々を伐採とか問題を起こしているそうです。どんどん信者が減っていき、寄付などの収入が減っており
厳しい財政事情に、拠点内ではこれまでコンビニ弁当が主食だったが、自炊に切り替えて食いつないでいるという。
とありますね。そうですか、信者たちはコンビニ弁当で生きていたんですね。すごいなあコンビニ!たくさんの命を救っているんですね。相手はどうあれ。ということで信者が戦うべき人類の敵は何かというと
「ニビル星の接近で人類が滅亡」する前に、集団がビンボーで滅亡する可能性も出てきた。
ということで、もともと何の生産的な活動もしていない連中ですが、ぜひニビル星よりも恐ろしい「ビンボー」を退治してくれませんかね。たぶん渦巻き模様の車じゃあ「ビンボー」には勝てないと思うので、よーく考えてください。アハハハハ
[PR]
by xdev | 2004-09-22 13:54 | ニュース

お手伝い

今日は農作業の手伝い。
昔の稲作の刈り取りの作業フローはこう。
1. 田んぼにある稲を刈る(稲刈り)
2. 田んぼで稲を干す(この干し方もいろいろある)
3. 稲が乾いたら稲から籾をそぎとる(脱穀)
4. この籾を袋に詰めて貯蔵
5. 食べる際に精米する(籾摺り)

今はこう。
1. 田んぼにある稲を刈り、そのまま脱穀して巨大な籠に移す
2. 乾燥機で脱穀した籾を乾かす
3. 乾燥機の籾を袋詰めして貯蔵
4. 食べる際に精米する

で、昔ながらの稲刈り作業で大変だったのは2., 3. のあたりだけど、これは機械でやってくれる。
で、今だに後者3. あたりがまだ機械化されていないのでお手伝いということに。
ひとつの袋が40kg~45kg程度。(精米すると30kgになる)
今年はたくさん取れたということで、100m×25mの田んぼからこの袋が58。
この袋を全部、人手で袋詰めして貯蔵場所に移動する。
40kg×58=2320kg になる。
親父は腰をやってて動けないので、3歳下の妹と二人で手分けして作業。

朝8:00くらいから開始、終了が11:30くらい。
大変な重労働だけど、目の前で数が減っていくのだけが救いかな。

ということで、おつかれさまでした。
[PR]
by xdev | 2004-09-21 17:33 | 身の回り

過疎化

久しぶりに田舎に帰ってきた。
過疎化が進んでいる。
小さい頃はここに住んでいて、都会の便利さにあこがれていた。

ここも決して停滞しているわけではなく、いろいろなことが変わっている。
人力でしんどい思いをしてやっていたことがどんどん機械化され、人なんかいなくてもやってくれる。
大きなバイパス道路が通り、旧国道沿いの自宅近辺もだいぶ静かになった。
たぶん、こうして文明の恩恵を受けていくのだと思うのだが、結果として「人間の手を煩わさない」方向に全てが進んでいる以上、どんどん田舎の人口が減っていく。

久しぶりに、と小学校の教室に向かう。
机と椅子が5人分しかない。もちろん一学年1クラス。まるで山奥の分校状態である。
以前は、ここが本校で、分校を持っていた。自分が通っていたこの小学校は、いま全校生徒が60人を切っているらしい。
親となるべき年齢の人間がおらず、子供もいない。
このままここに暮らしている人間は、年老いて死んでいく。

小さい頃、暮らしぶりそのものは変わらないまま、世の中が便利になっていくのだと思っていた。
でも、本当は違う。
便利になればなるほど、人間がいらなくなっていく。
そして人間でなければできない仕事、というものがない以上、どんどんさびれてすたれていく。
こんなわびしい田舎だったのかと驚くことになる。

捨てられた廃屋。
道端のさびた看板。
高校卒業後すぐに、就職先で事故で亡くなった友達の、葬儀のためのお寺。
そこに集った200人をこえる同級生の人数が、今考えれば嘘のような人数だったと、さびしく静かにたたずんでいる

ここでなければ学べないたくさんのこと、すべてを、包み込むように
黙り込むように
30才も後輩の小学生が書いた「大運動会」の画用紙のポスターが風にゆれながら
ゆっくりとゆっくりと眠るように死んでいくのかと思うと
自分の田舎そのものが
切なくて切なくて泣けた。
[PR]
by xdev | 2004-09-20 19:40 | 身の回り

明日から

実家から電話が来た。
「もしもし」
「おお、母さんか。珍しいな」
「今度、お父さん入院するんだ」
「なに、どうしたの」
「ギックリ腰でよ。手術すんのよ」
「そんなに悪いのか」
「ちょっと待ってな、お父さんと代わるから」

「おっ」
「何、入院すんだって?」
「んん。もう痛くて痛くて歩かんなくてな。お母さんに車で病院連れてってもらった」
「一歩もか」
「一歩もだ。最初の病院でレントゲン」
「ふーん。どこ悪いか分かったのか」
「んだ。したら『こりゃちゃんと直すなら手術だな』てよ。『後、クスリで痛みを騙すか』て」
「クスリじゃダメなんだろ?」
「それがよ、とりあえずクスリもらて使ったらすごく楽になってよ」
「そりゃ逆に危ねえんじゃねーのか」
「んだったのよ。クスリ切れるべ?動けなくなってな」
「効きすぎたんだろ」
「ん。楽だからて無理したのが、後でたたったんだな」
「だからそんな急に楽になるクスリ、だめだって。んで?」
「手術してけろ、って言ったら『無理には勧めない』て言われて」
「何それ。自分で手術だつってこっちも頼んでんのに、やりたくないてか。やぶじゃねえか」
「いやあ、そんなことねーべ」
「だって手術しないで、んな変なクスリずっと使うのか。その医者やめろよ」
「いや、んで、クスリでなくて手術して楽になりてえって言ったのよ」
「その医者にか」
「んだ。したら、もっとおっきな病院紹介すっから、そっちでちゃんと手術しろてよ」
「なるほど」
「んで、入院」
「わかった。どのくらい入院で、いつ退院できるんだ」
「わかんね。また連絡するわ」

その後
「もしもし母さんか」
「うん」
「一人か」
「んだ、お父さん病院だもの」
「手術は」
「終わった。成功」
「なんだ、前の日に電話しろって言ったのに」
「いや、もういいべ」
「誰か看てんのか」
「誰も。こないだの手術の時はずっといたけど」
「そうか」
「まったくよ、先生とか看護婦さんとかにジョーダンばっかり」
「スケベオヤジか。なにやってんだか。騒がしいべ」
「んだ。あとは、田んぼどうした、とか畑どうした、とか」
「そうか。おとなしく寝てりゃいいのにな」
「んだ。寝ろって言ってるんだけど急に入院して何もすることなくて調子狂ってんのよ」
「いつ退院できそうなの」
「リハビリもあるからあと一週間か二週間そこらは出らんないて」
「退院したら電話くれ」


そして
「もしもし」
「ああ、オヤジか」
「退院したんだけどよう、稲、手伝ってくんねか」
「ん。いいぞ、いつだ」
「再来週」
「再来週休み取れるか見るからちょっと待って」

「大丈夫そうだから休んでそっち行くわ」
「そうか。今年はオレが手術で動けないから、頼むなあ」
「ああ。お母さんは」
「お母さんは動けるから大丈夫」
「いや、そうじゃなくてお母さんいるのか?」
「あ、そうか(笑)、待ってな」

「はいもしもし」
「お母さんか」
「うん」
「みやげ何がいい」
「何もいらね」
「来週の日曜で間に合うのか、稲」
「分かんね。なに、お父さんに聞かねかったか」
「ああ、いいんだ」
「…間に合うとさ。したら、来週頼むな」
「ん。母さん一人じゃ無理だべからな」
「ほんなの、無理無理。よろしく頼むな」
「ん」

ということで明日、日曜から実家に帰ります。
[PR]
by xdev | 2004-09-18 13:30 | 身の回り

あなたはどっち

自分が学生だったとするじゃん。アパート借りて一人暮らししてるとして。
ちょうど洗濯洗剤が切れたなあ、と思ってると「ピンポン♪」て新聞の勧誘が来て、洗濯洗剤がサービスだったりするじゃん。
でね、1ヶ月契約して頼むわけ。洗剤ゲット。
月末に集金に来て、まあ読まない新聞だったけどいいか、くらいで新聞代払うよね。
そして次の日も契約終わったのにまだ新聞が届いてるとするじゃん。
それが間違いかと思ったら数日届くとして、ここで中間ジャッジ。あなたはどうしますか。
A:「もう契約切れてるんで配達やめてください」と連絡する
B:放っておく
でね?自分Bだったとするよね。そしたら月末に新聞代払えって集金に来たとするよね。
ここでファイナルジャッジ。
B-1:絶対払わない
B-2:不条理を感じつつ結局は払っちゃう
の、どっち?
俺はAだね。
で、B-1タイプは苦手かな。
B-2タイプは仲良くなれるか、大っ嫌いになるかのどっちかだと思うね。
(以上、酔っ払いの席で)
[PR]
by xdev | 2004-09-16 01:23 | 身の回り