<   2004年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

札幌いってきました

7月29日。これから1泊2日の出張に出かけるってのに季節外れの台風。
しかも東から西に進む狂った進路。
「チケットは事前に予約しておきました。この書類と引き換えで帰りの航空機チケットまでもらえますから無くさないでください」と事務方のお姉さんに書類を頂き、会社から空港までタクシー。渋滞してませんように、と祈ったおかげか豪雨の中30分で羽田到着。

で、空港に着いたら子供づれ家族ばっかり。スーツ姿の人がほとんどいない。夏休みだから? とも思うけど、それだけでは説明がつかない大量発生。

で、搭乗前に、これから乗る機が一日2便しかない(ですっけ?)「ピカチュウ・ジャンボ」なことが判明。そーいうことかー
こっちはバリバリの仕事なんですがー。シートカバーもピカチュウ。
乗った席が左前翼のそばの窓際で、ここからだとエンジンの外装に塗装されたモンスターボールが見える。
うーん。パパはこれから仕事なんだよ。

1時間ちょいのフライトで北海道。
「北」海道なんだから涼しいかとおもって長袖の上着も持ってきたのに...
気温が30℃こえてるしー

喫茶店も、場所によってはクーラーがなくて扇風機だったりする、というあたりで「そうだ、ここは北海道なんだ!」と思わされたりする。

さくっと仕事が終わって、大通り公園のビール祭りに。
b0000772_23473174.jpg

念のため時計台をパチリ。ただし肝心の時計が写ってない。(笑)

サントリーとかキリンとか各メーカーでビアガーデン出してるけど、やっぱりこれでしょ、ということでSAPPOROのクラシック・ドラフトを大ジョッキで注文。
注文したんだから当たり前なんだが、いわゆる「大ジョッキ」で出てきた。久々の大きさで飲むのがつらい。つーかジョッキグラスが冷たいし重たい。たしかこれって1杯700mlサイズじゃなかったっけ?

で呑んでたら、やかましい音楽と一緒に「リオのカーニバル」系の格好をしたお姉さんが登場。けども良く見ると「ちょっと昔はお姉さん」じゃないですか。うぅ。
ぐったりしてたら「おぉ、ええなぁ!」という声に「ほらほら見てもいーのよー」だって。
勘弁してくれ ○| ̄|_

で、飲み物はもういいでしょ、と、場所を変えて『マトンのしゃぶしゃぶ』にトライ。
出てきたしゃぶしゃぶ肉を見てびっくり。冷凍したマトン肉を超極薄(和紙くらい?)におろしてある。
これを野菜たっぷりのなべで頂くわけだが、牛よりも脂が少なくて、かつ、いわゆる「マトンの臭み」なんか全然ない。最高。一人2皿余裕でいけます。
激ウマ、超ウマでした♪

早めにチェックイン。おお、珍しく無事じゃん(謎)と思いつつ22:00にはおやすみなさい。

だったが、AM1:00に電話で叩き起こされ「へ?」と出ると受話器の向こうからは
「おぃ!呑みにいこう!」とのこと。答えはもちろん「はい、5分待って頂けますか?」
で浴衣からワイシャツ+スラックス姿に変身。深夜の焼き鳥屋でレモンサワー。
AM3:00に解散。

次の朝7:00に目が覚めて8:00くらいまでボーっと。
朝ごはんにはトーストとハムエッグを頂きました。

10:00からお客様訪問。12:00にはお仕事終了。

帰りの飛行機は?
千歳空港20:55発です。
えー、まだそんなに時間があるわけー?

b0000772_2357059.jpg
札幌駅はこんな感じ。
札幌に来たのは初めてです。奥さんのリクエストでもあるし、カニ買って帰ろう。
ハナサキガニケガニを買ってクール宅急便。
お昼を食べてもまだ13:30。

帰りの飛行機は?
千歳空港20:55発です。
えー、まだそんなに時間があるわけー?

そうだ、映画見よう! ということになったので札幌駅ビル7F・シネマフロンティアへ。
久々にアニメじゃない映画をスクリーンでみた。
(いつもは子供と一緒にポケモンとかばっかり)
なかなか面白いじゃないか、ラドクリフ君。
でもまあ、まるっきり業務時間帯に男性社会人が2名で映画を観にきてるというシチュエーションの理由は誰にもわかるまい。
今度そういう人を見かけたら「帰りのチケット取りに失敗?」と思ってあげよう。

見終わってもまだ15:30。
帰りの飛行機は?(以下繰り返し)

ということで、札幌から千歳空港まで高速バス。所要時間1時間ちょいとくらい。
途中で駐車場完備の居酒屋「笑・笑(わら・わら)」を発見。良いんでしょうか。

道央自動車道で「気温33℃」「路温41℃」の表示。
本当にここは北海道かい?くらいのノリで。

あとは空港でビール飲んだり、ビール飲んだり、ビール飲んだりして、まったりと時間をつぶす。いや、つぶさないといけない。

おみやげに「白い恋人ブラック」を買ったりしてふと財布を見るとびっくりどっきり。
あれー全然残ってないやー。
どうやら予定外の出費があった模様。(笑)

定刻より20分ほど早く羽田に着きました。
あとは自宅まで電車で。

おつかれさまーって感じでした。はい。

教訓:

 帰りの航空チケットは、仕事完了の後、早めに発つ便がいいと思います。
[PR]
by xdev | 2004-07-31 02:57 | 仕事

経営思考

仕事柄、今はお客様とよく飲んだりするわけですが。
やっぱり経営層の方々の考え方に接すると面白いですね。

・儲かるのか?
・何がしたいんだ?
・誰がガンだ?

もう、これだけ。(笑)
世の中これで動いてるんですね。

私もエンジニア、技術者の端くれのつもりですから、そういう話よりかは
・動くのか
・面白いのか
・エレガントか
とかの方に興味があると思ってんですけど、どんなにがんばったって、最上位の経営層が「そんなもん儲からないからやめろ」って思ったらおわるんだねーとか、考えると、うーむむむ。

あと最近気になる言葉。
同じ仲間内の会話で「そうなってますから」ってセリフ、よく聞くようになりました。

そう「なってる」んじゃない。
そう「してる」んだ。お前が。

とか思うと超むかつく。(笑)

私信:
 そうですか、キャリーフィッシャーは今や映画のプロデューサーですか。
 知らなかった...(^^;
[PR]
by xdev | 2004-07-29 02:09 | 仕事

政治家と政治屋

ZAKZAKの記事より:
出席者によると首相は、自民党の現状について「だれもできなかった改革に取り組んできたから何とかもっているが、もう飽きられている。今後は、選挙をやっても厳しいのではないか」と指摘した。

だそうですが、ちょっと待ってほしいですね。
飽きられたとか何とかで政治をやらないで欲しいんですが。
また、そういう観点でしか報道できないマスコミが多すぎる気がします。

個人的には小泉首相は評価しますよ。北朝鮮の拉致問題のとっかかりを作ったり、自衛隊派遣についても「よくやった」と思いますもん。

日本人外交官が襲撃され銃殺されて、でも日本人外交官が引き上げるわけにはいかないし、他にも日本人が居るような国が、事実ありますよね。
自衛隊派遣に反対を唱えている人は、そういう国で頑張っている日本人をどうやって守ってやろうと思ってるんでしょう。おまえらがそういうテロやゲリラから日本人を守ってくれるのか、と。
簡単に「全員引き上げろ」とか「戦争反対」みたいなことを言いやがってと思います。

こっちがやりたくなくても向こうから仕掛けてくる相手がいるのに、戦わない。自衛隊派遣反対派の人は、そういう国にいる日本人に「おまえらは守ってやらん。そこで死んでしまえ」と言っているようなものだと、どうして気づかないんでしょうか。
その点、自衛隊派遣を実施したのは、世界の中の日本、というものを考えて小泉首相が判断したのだと思います。

でだ、そういう「日本」を考えて政治をやる「政治家」に、政治をやって欲しい。

どうも最近、「自分」を考えて政治をやる「政治屋」ばっかりな気がしてしかたない。
[PR]
by xdev | 2004-07-28 13:03 | ニュース

スターウォーズ・エピソード3

エピソード3のタイトルが
「Star Wars: Episode III Revenge of the Sith」
(スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐)
に決まったらしいですね。Revenge 使うんだー、みたいな。
CNNのニュースにもありますが

ルーカス氏は、製作を総指揮した旧3部作の3作目「Return of the Jedi」(スター・ウォーズ/ジェダイの復讐)で、ジェダイに「Revenge」(復讐)という言葉は似合わないとして、公開直前に元のタイトル「Revenge of the Jedi」を「Return of the Jedi」に変更していた。

というのは有名な話。
そもそもスターウォーズって、ルーカスが日本の時代劇を見て「りすぺくとじゃぱん」とか何とか思ったのが始まり、じゃなかったかな。だから「ジェダイの騎士」は「時代(劇)の騎士」なんだよね。ちがったかもしれないけど。
日本文化には「復讐」ってあんまり馴染まないのかもしれない。
文化史的に見て日本は恵まれた気候と豊穣な土地があったから、かもね。
西洋では日本じゃ考えにくいような復讐の文化がある。
殺した相手のシャレコウベを飾っておいて毎晩眺めて悦に入るとか。
このあたりは「敗者の条件 会田 雄次 (著)」中公文庫に詳しい。

ところでルークの役やってたマーク・ハミルってどこにいっちゃったんだろう。
レイア姫やってたキャリーフィッシャーもね。
スターウォーズがなかったらハリソン・フォードも売れてなかったんだろうか。
[PR]
by xdev | 2004-07-26 23:59 | アニメ・映画

ハガレン

鋼の錬金術師。
これは第二話から見ている。カミさんが「面白い!」と言っていたのがきっかけ。ご多分にもれず、コミックスも買った。PS2のゲームも買った。DVDは高いからそろえてない。録画も特にしてない。

で、このアニメのすごいとこ。
完全にコミックスを置いてきぼりにして話を進めてる。半端じゃない。

つまり一般的には
・コミックスに追いついてしまいアニメ打ち切り終了⇒あしたのジョー(初期)
・コミックスに追いつきそうなので30分枠の25分が再放送⇒ドラゴンボール
・コミックスに追いつきそうなのでキャラメインの読み切りオリジナル展開⇒ワンピース
というのが普通だと思ってた。(最近のワンピースはだいぶコミックスからそれてるけど)

コミックスがアニメの話を一定回数分以上、引き離した時点で、アニメの方でコミックスのストーリーを追いかけるというのがありがちなパターン。ある意味、ワンピースなんかは、コミックスのアニメでの再現性が非常に良いので「コミックスを買えばアニメは見なくてよい」もしくは「アニメを見ればコミックスは読まなくてよい」に近いのである。

で、このハガレンは

・コミックスはコミックス
・アニメはアニメ

でストーリーが違う。以前はコミックスのストーリーから「ちょっとそれたかな」程度だったのだが、最近はもう「全然ちゃうやん」状態。かつアニメ側ストーリーがコミックス側ストーリーに戻っていく気配すらない。(だってコミックスで生きてるキャラがアニメじゃ別の理由で死んじゃうんだもん)
それはそれでアニメも普通に面白い(次回が見たくなる)というのがまたすごい。
でも、そろそろ小学校低学年の子供たちには見せられなくなってきました。触れれば手が飛ぶ・足が飛ぶ、首飛ぶ腕飛ぶ血潮飛ぶ、なので。
(でも間のCMはマックのハッピーセット、ハム太郎とかなんだよなー)
[PR]
by xdev | 2004-07-25 22:36 | アニメ・映画

アリとキリギリス

7才になる息子と近所へ買い物に行った帰り。道端に、アリのたかったキリギリスが一匹。でもまだ息があるようで触覚とか前足とか動く。
「あー、でもこれじゃあアリさんには勝てないねぇ」 とつぶやくと、息子が「チャッピー(敵キャラ)とピクミンみたいだね」 と言うので「ピクミンはテレビの中、ゲームの世界の話。でもこのキリギリスは今、アリさんに噛まれてて、本当に痛いの。わかる?」

「…」

そう言ってもわからないんだろうなあ。
「痛い」という思いをどれだけ生々しく思い出せるんだろう。忘れちゃってる。
最後に「激痛」を喰らったのがいつごろかとか、どんな風に痛かったかは思い出せるけど、「痛さそのもの」は思い出せないもんですね。
昔は今よりもずっと生活そのものが「死」や「怪我」や「恐怖」のそばにあって、だから周りの親も「そんなに簡単に死なないよ」という話ができたんだろう。今より昔の親はずっとずっと「何言ってんだ、大丈夫だよ」って感じだった。
今は「死」「怪我」「恐怖」がはるか遠い場所にあるから、転んで血が出ただけでパニックになったり、また「死」ということそのものが分からなくて悲しい事件が起こるのかもしれないね。
やっぱり痛みや苦しみを常に受けるような環境じゃないと、人間、つらい記憶は忘れるんでしょうな。
b0000772_22133523.jpg

[PR]
by xdev | 2004-07-25 22:14 | 身の回り

トトロ

今日はとなりのトトロが放映されてました。
これはDVD持ってない。やっぱりアレですね。ねこバスが「めい」行きになったりとかそういうシーンがいい。
魔女の宅急便もDVD持ってないです。あれは最後、ジジと会話ができなくなるあたりが切なくて、いい。
最近はトシのせいか笑いのツボが一周して「トムとジェリー」とかが最高に笑える。
トムとジェリーといえば昔オニのようなデータベースをウェブで発見したことがありました。英題と和題との比較だの、ニブルス君が第何話で初登場だの。笑ってDVD見てる分にはそんなのどうでもいいことです。

でも同じワーナーのトゥイーティー(生意気なトリ)は嫌い。(笑)
b0000772_021161.jpg

[PR]
by xdev | 2004-07-24 00:14 | アニメ・映画

ジュウレベの話

昔、ロールプレイング・ゲームをやってたころは「俺、レベル30いったゼ」とか良く話してましたが、ウチの子が友達を連れてきてポケモンをやってるのを見てたら「えー、そっちもう12レベ?」とか言うんですねー。
「レベルいくつ?」って聞くと「ぼくまだジュウレベ」とか。

「レベルいくつ?」なんだから「ぼくまだレベルほげほげ」って返事してもらいたいなあ。
ってカミさんに言ったら「あんたの方が 『いま何レベ?』 って聞かなきゃだめよ」だって。

ちょっとショック。
b0000772_0311844.jpg

[PR]
by xdev | 2004-07-21 13:30 | ゲーム