今は亡きムーノーローカル

去年?おととし?くらいからblog とか言ってるけど僕らは昔からそんなものは知っていたんだよね。
個人ニュースサイトとか、テキストサイトとか言う名前でね、ちゆとか侍魂とかTECHSIDEとかさ。
もちょっと古いとがんばれゲイツとか窓と林檎とか。ああ、まだ更新してるサイトもあるか。ごめんなさい。
一番良く更新をチェックしていたのはやっぱりムーノーローカル。ここのメルマガとってたんだけどrhymeりゅんの不定期っぷりが泣けた。いや、笑えた。結局最後の2回くらいしかもらわなかったんじゃないの?本当?いや、マジです。
ムーノーはねぇ、24時間テレビでモー娘。が司会の年に、24時間テレビと同じ日に閉鎖しました。2001/8/19だって。rhymeの最後の「このムーノーローカルはこうやって閉鎖させるために日々更新していたんだ」という告白、当時の多分知ってる人はみんな、ページをReLoadしながら最後の更新を見ていたんだと思う。インターネットの上でひとつのサイトが終わる事にあんなに感動して衝撃を受けたことは、それ以来ないし、もう今後もないだろうと思う。
もはやミラーサイトも404だし、web archiveくらいしかもうないですね。

blogという技術が生まれて、誰もかれもが個人情報発信が簡単にできるようになって、結局やってることは個人の思念を駄々漏れで垂れ流しているだけなんだ。
昔、電話が近所に数回線しかなくて「電話を借りる」ようなことをしていた頃もあったし、大体家庭に1つで-いまや中学生はおろか小学生がケータイを持ち歩くくらい電話というデバイスが出回っているけれど-そこではそれまでの会話の重要性とか、伝えたいことをどう話そうかとか、清水の舞台から飛び降りる気持ちで好きな相手に電話してツーコールで親が出そうだから切っちゃったとか、名前を名乗らずにでも最高の言葉で最短時間で心を伝える工夫とか、あったですよ。

そういうことを考えることをやめてしまった人間の退化あるいは先祖返りを感じてしまうわけで、便利さと引き換えに、もうそんなココロのトキメキを感じる電話なんて無いのだなあと思うと、blog とか言ったって結局イマドキの小中高生がアホみたいに「これってイくない?(語尾のみ上げる)」とか電車の中で電話で会話してる文句と同じかと思うと超ブルーでこんなblog なんかやめちゃえ、とか思った。

まだやめないと思うけどな。わはは。
[PR]
by xdev | 2004-08-24 01:29 | 仕事
<< 浜口京子の銅 艦砲射撃その2 >>